読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

応急措置で再開の東北新幹線、完全修復まで1か月…架線切断など940か所

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福島県沖を震源とする地震で一時運休していた東北新幹線について、JR東日本は26日、地震直後に公表した電柱の損傷以外に、架線の切断や金具の折損なども確認され、被害は計約940か所にのぼったと発表した。応急措置で運転を再開しているが、完全修復までは1か月を要するという。

 13日に発生した地震では、電柱20本が折れたほか、高架橋の柱10本が損傷し、JR東が主な被害として発表。その後、約220か所でレールの位置に若干のずれが確認されたほか、別の電柱約40本のひびや架線6本の切断、約550か所の金具の折損などが判明した。

 東北新幹線は24日から全線で運転を再開しているが、こうした被害の影響で、那須塩原(栃木)―一ノ関(岩手)間は速度を落として運転している。

無断転載・複製を禁じます
1871124 0 社会 2021/02/26 19:30:00 2021/02/26 20:08:05 2021/02/26 20:08:05

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)