読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ネット中傷の発信者特定を簡略化、法改正案を閣議決定…政府が国会に提出

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は26日、インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷対策として、発信者情報の開示手続きを簡略化するプロバイダー責任制限法改正案を閣議決定し、今国会に提出した。成立すれば、2022年中に施行される見通し。

 改正案では、ネット上で中傷を受けた被害者から申し立てを受けた裁判所が、発信者情報の開示の可否を決定する。現在、発信者を特定するには、被害者がSNS運営会社とネット接続業者(プロバイダー)に対して計2回の開示請求訴訟を起こすことなどが必要となっている。

無断転載・複製を禁じます
1872122 0 社会 2021/02/27 07:12:00 2021/02/27 09:14:58 2021/02/27 09:14:58

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)