読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

河野行革相「ワクチンどんどん打って」、有効利用の自治体向け指針作成へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 河野行政・規制改革相は28日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルスワクチンの高齢者らへの接種を巡り、予約のキャンセルや自然災害による停電など想定と異なることが起きても対応できるよう、自治体向けの指針をまとめる考えを示した。貴重なワクチンを使い切ってもらうためだ。

新型コロナウイルスの米ファイザー製ワクチン
新型コロナウイルスの米ファイザー製ワクチン

 米製薬大手ファイザー社製ワクチンは現在、超低温で保管し、解凍後5日以内に使う必要がある。河野氏は「『こういう時は(計画から離れて)どんどん打ってください』という考え方を示したい」と述べた。

 河野氏はまた、同社製ワクチンの輸入量に関し「4月は少し上積みできるのではないか」との見通しを明らかにした。上積み分はワクチン不足に備えて政府が在庫として管理する。上積みが見込まれる数量については言及しなかった。

無断転載・複製を禁じます
1874235 0 社会 2021/02/28 19:27:00 2021/02/28 21:32:17 2021/02/28 21:32:17 新型コロナウイルスの米ファイザー製ワクチン(17日午後4時40分、千葉県市原市の労働者健康安全機構 千葉ろうさい病院で)=川口正峰撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210228-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)