読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

九州豪雨で不通の久大線、全線開通…流失した橋を通過し「格別な思い」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年7月の九州豪雨で不通となっていたJR久大線・豊後森(大分県玖珠町)―由布院(同県由布市)間(25・9キロ)で1日、運行が再開し、約8か月ぶりに全線開通した。

 昨年7月の九州豪雨で不通となっていたJR久大線・豊後森(大分県玖珠町)―由布院(同県由布市)間(25・9キロ)で1日、運行が再開し、約8か月ぶりに全線開通した。

復旧した「第二野上川橋りょう」を通過するJR久大線の普通列車。近くには、被災したとみられる家屋が残っていた(1日午前9時44分、大分県九重町で)=木佐貫冬星撮影
復旧した「第二野上川橋りょう」を通過するJR久大線の普通列車。近くには、被災したとみられる家屋が残っていた(1日午前9時44分、大分県九重町で)=木佐貫冬星撮影

 久大線は福岡県久留米市と大分市を結ぶ路線。九州豪雨で、「第二野上川橋りょう」(大分県九重町)が流失するなど計145か所で被害を受けた。当初は全線開通に1年以上かかる見通しだったが、2017年の九州北部豪雨で被災した日田彦山線の橋桁を再利用するなどして工期を短縮した。

 一番列車は午前6時40分過ぎ、第二野上川橋りょうを通過した。福岡市の博多駅では、再開区間を走る観光列車「ゆふいんの森」の出発式が行われ、約70人が見送った。中野幹子・博多駅長は「復旧に向け、たくさんの人の力でつながった。格別な思いです」と話した。

 九州豪雨で被災したJR九州の路線では、氾濫した熊本県・球磨川流域を走る肥薩線・八代(熊本県八代市)―吉松(鹿児島県湧水町)間(86・8キロ)が復旧していない。JR九州は、国と熊本県が今月中に示す治水対策を踏まえ、復旧に向けた試算を始める方針。

無断転載・複製を禁じます
1875283 0 社会 2021/03/01 08:47:00 2021/03/01 11:39:42 2021/03/01 11:39:42 豪雨で流出し、復旧した久大線の第二野上川橋りょうを通過する普通列車。近くには、被災したとみられる家屋が残っていた(1日午前9時44分、大分県九重町で)=木佐貫冬星撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210301-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)