読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「蘇民祭」縮小で急きょ…氷点下8度の朝、川で6人が水かぶり

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「蘇民祭」で知られる黒石寺(岩手県奥州市)近くの川で28日、下帯姿の男たちが水かぶりを行った。

川に入り勢いよく水をかぶる下帯姿の男たち(28日午前、奥州市で)=藤吉恭子撮影
川に入り勢いよく水をかぶる下帯姿の男たち(28日午前、奥州市で)=藤吉恭子撮影

 県内の蘇民祭は今年、新型コロナウイルスの影響で祈祷きとうのみに縮小されたため、有志が急きょ水かぶりを企画した。この日の奥州市は朝の気温が氷点下8度と冷え込んだが、同市や北上市などから集まった6人が「蘇民将来」と声を上げながら手おけで勢いよく水をかぶり、新型コロナの収束や来年の蘇民祭の完全開催、東日本大震災からの復興を祈願した。紫波町で酒造会社を営む男性(49)は「五穀豊穣ほうじょうや疫病退散に少しでもつながれば」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1879664 0 社会 2021/03/02 12:16:00 2021/03/02 12:16:00 2021/03/02 12:16:00 川に入って、勢いよく水をかぶる下帯姿の男たち(2月28日午前10時16分、奥州市で)=藤吉恭子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210301-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)