ワクチン接種した60代女性、3日後に死亡…死因はくも膜下出血か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は2日、新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた医療従事者の60歳代の女性が死亡したと発表した。ワクチン接種後に死亡が報告されたのは初めて。死因はくも膜下出血とみられる。接種との因果関係は不明で、厚労省は専門家の意見を踏まえ、安全性を評価する方針だ。

KDDI障害、自宅療養者と連絡取れず「不測の事態に対応できない」…宅配便にも遅れ
新型コロナウイルスの米ファイザー製ワクチン
新型コロナウイルスの米ファイザー製ワクチン

 発表では、女性は2月26日、米ファイザー製のワクチンの接種を受けた。女性には持病やアレルギー歴はなく、当初目立った副反応はなかったが、3月1日に亡くなった。

 新型コロナのワクチンは2月17日から全国100病院で順次、医療従事者への先行接種が始まっている。これまでに3万人以上が接種を受けた。

 くも膜下出血は40~60歳代で比較的起こりやすいとされる。ワクチンの副反応を検討する厚労省の有識者部会の部会長を務める森尾友宏・東京医科歯科大教授は「今のところ海外での接種でも、くも膜下出血と新型コロナワクチンに関連があるとはされていないようだ。偶発的な事例かもしれないが、情報を収集し、評価していく必要がある」としている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1881077 0 社会 2021/03/02 19:29:00 2021/03/03 07:51:37 2021/03/03 07:51:37 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210302-OYT1I50086-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)