読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

寒波の路上で意識失った71歳、ダウンジャケット掛けてくれた「命の恩人」探す

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山口県山陽小野田市の男性(71)が命の恩人を探している。各地が寒波に見舞われた1月10日午前7時頃、凍結していた横断歩道で滑って転倒し、頭から血を流して意識を失った。その時に助けてくれた男性2人に感謝の気持ちを伝えたいと思っている。

 71歳男性によると、現場は同市の商業施設の近く。救急車で病院に搬送される途中に意識を取り戻した。

男性が保管しているダウンジャケットとマフラー
男性が保管しているダウンジャケットとマフラー

 後日、消防に尋ね、救急車を呼んだ女性が判明。女性に聞いたところ、救急車を待つ間、通りかかった男性2人が着ていたダウンジャケットを脱ぎ、1着を71歳男性の体の下に敷き、もう1着を上半身に掛け、首にはマフラーを巻いてくれた。救急車が到着すると、男性2人は名乗らずに立ち去ったという。

 71歳男性は現在、元気を取り戻している。自宅に紫と黄色のダウンジャケット2着(サイズはともにXL)と黒色のマフラーを保管しており、「ジャケットなどを返して、お礼を言いたい」と願っている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1886582 0 社会 2021/03/04 18:48:00 2021/03/04 23:58:45 2021/03/04 23:58:45 畑中さんが保管している恩人のダウンジャケットとマフラー https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210304-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)