読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

地酒を試飲、飛騨高山で飲み歩く…女子大学生も「甘くて飲みやすい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 地酒を試飲しながら町歩きを楽しめる「飛騨高山・7蔵のん兵衛まつり」が、28日まで岐阜県高山市の「古い町並」などで開かれている。

 飛騨・高山観光コンベンション協会が昨年から始めたイベントで、今年は1月に予定されていたが、緊急事態宣言の発令で開催を先送りしていた。開催にあたり、消毒・検温や安全な試飲方法、音声ガイドマップ作成など、観光庁の「あたらしいツーリズム」に合わせて新型コロナ感染対策を徹底した。

のん兵衛まつりで日本酒を試飲する観光客(高山市で)
のん兵衛まつりで日本酒を試飲する観光客(高山市で)

 5日にオープニングセレモニーが同市上二之町の二木酒造前で行われ、同協会の堀泰則会長が「飛騨高山観光を持続可能な形で盛り上げたい」と述べて開会を宣言した。

 税込み3000円で「御酒飲帳」を購入すると、7蔵で各2種類の酒を試飲できる。エコバッグと記念杯が付いていて、7蔵すべてのスタンプを集めると、抽選で宿泊券や飛騨牛が当たる仕組み。

 蔵で試飲をした岐阜市の女子大学生(21)は、「お酒は甘くてすっきりしていて、女性にも飲みやすい。7蔵巡るのが楽しみ」と笑顔で話していた。

無断転載・複製を禁じます
1894369 0 社会 2021/03/08 12:38:00 2021/03/08 12:44:59 2021/03/08 12:44:59 のん兵衛まつりで日本酒を試飲する観光客(高山市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210308-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)