読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

川に湧き出る温泉、クマやオオカミから身を守るため…女性たちが「足踏み洗濯」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岡山県鏡野町の奥津温泉で7日、冬季に休んでいた「足踏み洗濯」の実演が約3か月ぶりに始まり、姉さんかぶりにかすりの着物姿の女性が軽快に洗濯する姿が披露された。

小唄のリズムに合わせて足踏み洗濯を披露する女性たち(岡山県鏡野町で)
小唄のリズムに合わせて足踏み洗濯を披露する女性たち(岡山県鏡野町で)

 足踏み洗濯は、川に湧き出る温泉を利用したこの地域に古くから伝わる独特の洗濯方法で、女性たちがクマやオオカミから身を守るため、立って洗濯したのが始まりとされる。

 同温泉街の橋のたもとの洗濯場で、奥津温泉足踏み洗濯保存会の女性2人が「奥津温泉小唄」のリズムに合わせ、足先を器用に動かして洗濯をし、観光客らが見守った。

 同保存会の片田京子会長は「コロナ禍で観光客が減少しているが、伝統を絶やすわけにはいかない。頑張って演じるので多くの人に見に来てほしい」と話していた。

 実演時間は約15分。日曜、祝日の午前8時30分から行うが、4月以降は新型コロナウイルスの感染防止策として、日曜は隔週とし、時間も同9時からの予定。問い合わせは、鏡野町観光協会(0868・52・0711)。

無断転載・複製を禁じます
1894357 0 社会 2021/03/08 12:32:00 2021/03/08 12:32:00 2021/03/08 12:32:00 小唄のリズムに合わせて足踏み洗濯を披露する女性(鏡野町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210308-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)