読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

女性に「所持金が基準超」「施設入所が条件」誤った説明、生活保護申請受理せず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 横浜市は9日、神奈川区役所に生活保護申請に訪れた20歳代女性に対し、職員が制度の誤った説明を行うなどして、申請を受理しなかったと明らかにした。市の担当幹部らは記者会見で「本来なら受け取るべきで、不適切な対応だった。深く反省し、おわび申し上げます」と謝罪した。

 市によると、女性は2月22日に申請書を持って来所したが、対応した40歳代の女性職員が「所持金が基準を超えている」「施設入所が条件」などと認識させる誤った説明をしたという。

 女性には既に謝罪し、今後は制度に関する職員研修などを実施するとした。

 女性を支援した一般社団法人つくろい東京ファンドなどの6団体は9日、市に対し、再発防止策の徹底などを求める抗議・要請書を提出した。女性は東京都内の自治体で申請が受理されたという。

 記者会見した同法人の稲葉剛代表理事は「相談員個人や神奈川区のみの問題ではなく、市の生活保護行政全体の問題だ」と指摘した。

無断転載・複製を禁じます
1899106 0 社会 2021/03/10 07:20:00 2021/03/10 07:20:00 2021/03/10 07:20:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)