読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ツヤのある葉、赤や淡いピンクの花…ツバキ展に280株

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

様々な品種のツバキが花を咲かせている(札幌市北区で)
様々な品種のツバキが花を咲かせている(札幌市北区で)

 札幌市北区の百合が原緑のセンターの温室で、北海道内最大級のツバキ展が開かれている。21日まで。

 展示されているツバキは、約250品種の計280株。つやのある緑の葉と、鮮やかな赤い花が印象的な「妻戸姫」のほか、大きな淡いピンクの花が咲く「桃太郎」、白い花の「初嵐」などが、訪れた人々の目を楽しませている。園芸用に品種改良される前の「原種」という、あまり市場に出回らないツバキもある。

 百合が原公園の広報担当の伊藤早織さん(49)は「いろいろな種類のツバキの魅力に触れて、華やかな気持ちになってほしい」と来場を呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
1899116 0 社会 2021/03/10 07:40:00 2021/03/10 07:40:00 2021/03/10 07:40:00 展示が始まったツバキ(23日、札幌市北区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210310-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)