読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナで残業、計1000時間超えの県職員が36人…今年1月までの10か月間

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス感染が拡大した昨年4月から今年1月までの10か月間で、残業時間が計1000時間を超えた埼玉県職員が36人に上ることが、県への取材でわかった。最も残業が多かった職員は計1724時間、月平均でも国の「過労死ライン」(月100時間)をはるかに超える172時間となっていた。

 県人事課によると、残業が多かった職員は、コロナ対応を担う部署で目立った。特に感染症対策課では、最多の計1724時間だった職員を含め、10か月間で計1500時間以上の残業をした職員が6人いた。体調不良などを訴えている職員はいないという。

 特定の職員に業務が集中していることが明らかになり、県人事課の表久仁和課長は「大変心苦しい。保健師の増員など体制の整備を図りたい」としている。

無断転載・複製を禁じます
1902093 0 社会 2021/03/11 06:47:00 2021/03/11 06:47:00 2021/03/11 06:47:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)