児童虐待、摘発最多は「実父」45%…住民の関心高まり通報も増える

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年1年間に全国の警察が摘発した児童虐待事件は2133件(前年比161件増)、被害児童は2172人(同181人増)で、いずれも統計を取り始めた1999年以降、最多だったことが警察庁のまとめでわかった。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が延びたことや、虐待への関心が高まり、住民からの通報が増えていることが背景にあるとみられる。

給付金詐取の男、口ぐせは「一獲千金」…最新の話題に敏感「知識は武器だ」

 事件の内訳は、暴力をふるうなどの「身体的虐待」が1756件で82%を占めた。次いで「性的虐待」が299件、子どもの面前で親が配偶者に暴力を振るうなどの「心理的虐待」が46件、食事を与えないなどの「育児放棄(ネグレクト)」が32件だった。

 被害児童は男児が1139人、女児が1033人。罪種別では、傷害が876件で最も多く、暴行が776件、強制わいせつが148件、強制性交が119件だった。無理心中を含む殺人(未遂を含む)も75件あり、前年より7人多い61人が死亡した。

 摘発人数も最多の2182人に上った。実父が45%で最も多く、実母が26%、養父・継父が13%、内縁の男が9%だった。

 児童虐待を巡っては、先月、全国の警察が昨年1年間に児童相談所に通告した子どもが初めて10万人を超えたことが判明。今月2日には、福岡県篠栗ささぐり町で5歳男児を餓死させたとして同県警が母親(39)と知人の女(48)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕している。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1902753 0 社会 2021/03/11 11:26:00 2021/03/11 11:26:00 2021/03/11 11:26:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)