読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「仕事にストレス、弱いもの虐げたい」…2少女誘拐しわいせつ行為の元教頭に懲役12年判決

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 10歳代前半の少女2人を誘拐してわいせつな行為をしたとして、わいせつ誘拐と逮捕監禁などの罪に問われた静岡県の沼津市立中学校元教頭、山本英仁被告(53)に対し、静岡地裁沼津支部は15日、懲役12年(求刑・懲役16年)の判決を言い渡した。

 判決などによると、山本被告は2020年9月、沼津市で少女(当時12歳)に「荷物を運ぶのを手伝ってほしい」とうそを言って車に乗せた。車内で両手両足をロープで縛り、口に粘着テープを貼り付けて山小屋へ連れて行き、無理やりわいせつな行為をした。17年8月には同県熱海市で、別の少女(当時13歳)に「お母さんから承諾は取ってある」と誘って車に乗せ、車内で両手両足をロープで縛るなどして、わいせつ行為に及んだ。

 山本被告は、2人と勤務していた中学校や児童相談所で接点があった。菱田泰信裁判長は「社会的地位に対する信用と被害者の未熟さを利用し、自己のゆがんだ性的欲求を満たすためだけに繰り返し犯行に及んだ」と指弾した。

 山本被告はこれまでの公判で、「仕事のストレスがあり、弱いものを虐げたいという気持ちがあった」などと動機を述べていた。県教育委員会は2月、山本被告を懲戒免職処分にした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1911966 0 社会 2021/03/15 19:18:00 2021/03/15 23:42:49 2021/03/15 23:42:49

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)