読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日本原電・東海第二原発の再稼働差し止め命じる判決…「避難計画整えられていない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本原子力発電の東海第二原子力発電所(茨城県東海村、運転停止中)の安全対策が不十分だとして、茨城県や東京都などの住民ら224人が日本原電に運転差し止めを求めた訴訟の判決が18日、水戸地裁であった。前田英子裁判長は「実現可能な避難計画が整えられているというには、ほど遠い」として原告側の請求を認め、再稼働の差し止めを命じる判決を言い渡した。

水戸地裁が運転差し止めを命じた日本原子力発電東海第二原発(18日、茨城県東海村で、読売ヘリから)=稲垣政則撮影
水戸地裁が運転差し止めを命じた日本原子力発電東海第二原発(18日、茨城県東海村で、読売ヘリから)=稲垣政則撮影

 原告団によると、避難計画の不備を理由に差し止めを命じる判決は初。日本原電は判決を不服として、19日にも控訴する。

 原告は裁判で、同原発の安全対策を講じるために策定する地震の最大の揺れや津波の想定が甘く、事故対策の設備が不十分だと訴えたが、判決は「過誤、欠落があるとは言えない」と退けた。

 避難計画について、国は原発周辺30キロ圏内の市町村に策定を求めている。同原発の30キロ圏にあたる茨城県内の14市町村の人口は約94万人。原発周辺では最多だ。

 判決では、水戸市や東海村など9市町村で計画を策定しておらず、策定済みの県と笠間市など5市町でも地震による道路の寸断の想定などが不十分だと指摘。「複数の避難経路や避難先の確保など、課題を抱えている」とした。日本原電は「(計画は)防災訓練などを通じて実効性を検証し、関係機関が改善・強化する」と主張したが、判決は「防災体制は極めて不十分」と結論づけた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1919787 0 社会 2021/03/18 14:43:00 2021/03/18 22:24:33 2021/03/18 22:24:33 水戸地裁が運転差し止めを命じた東海第2原発(18日、茨城県東海村で、本社ヘリから)=稲垣政則撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210318-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)