看護師、ワクチン接種後に感染確認…コロナ患者の担当

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府東大阪市の市立東大阪医療センターは18日、新型コロナウイルスのワクチンを接種した50歳代の女性看護師について、接種後に感染が確認されたと発表した。

「この時を待っていた」3年ぶりのビアガーデン、猛暑にキンキンに冷えた一杯
新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

 センターによると、看護師は12日に1回目のワクチン接種を受けた。15日以降にせきや頭痛などの症状を訴え、PCR検査で17日に陽性が判明した。接種時に既に感染していた可能性もあるという。

 看護師はコロナ患者の担当。感染経路は不明で、他の職員の感染は確認されていない。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1920478 0 社会 2021/03/18 19:00:00 2021/03/19 08:44:02 2021/03/19 08:44:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210318-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)