読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

銘菓「乃し梅」が高額転売、「あまりにもひどい…」社長嘆きの投稿にリツイート1万件

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「定価の数倍で出品されている」――。山形市の老舗和菓子店「し梅本舗佐藤屋」の佐藤慎太郎社長(41)が、自社の銘菓「乃し梅」がインターネットで高値転売されていると嘆いたツイッターの投稿文が、18日時点で1万件以上リツイートされる反響を呼んでいる。

 乃し梅は、梅肉を砂糖や寒天などと煮詰め、薄くのばした伝統的な菓子。

 佐藤社長によると、15日に自社の商品画像を検索していたところ、通販サイトで見知らぬ業者十数店舗が乃し梅を高値で転売しているのを見つけた。

 店頭や同店のオンラインショップでは、1枚120円計算で、30枚入り3600円(税別)などで販売しているが、同サイトでは、30枚入りが5000円台~8000円台で売られていた。いずれも佐藤屋の商品写真が無断で使用されていた。

 現在も品切れはなく、定価で買えるが、近年テレビやネットニュースで紹介され、商品発送が追いつかず、注文から到着まで1か月待ちの時があったという。

 佐藤社長が同日、「あまりにもひどいので」とツイートしたところ、共感や怒りを表明する多くの意見が寄せられた。転売は違法行為ではないが、佐藤社長は「まずは公式サイトで本当の値段を調べてほしい」と訴えている。

無断転載・複製を禁じます
1922138 0 社会 2021/03/19 11:48:00 2021/03/19 12:16:55 2021/03/19 12:16:55

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)