読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

サイレン鳴り響く石巻、津波恐れ高台へ続々と避難…「尋常じゃない揺れだった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宮城県で最大震度5強を観測した20日の地震では、東日本大震災の被災地で4年4か月ぶりに津波注意報が発表された。東北沿岸は先月13日にも、最大震度6強の揺れに襲われたばかり。震災から10年が過ぎても、繰り返される大きな地震に、住民らはあの日の恐怖を思い出し、高台や内陸へ向かった。

宮城県石巻市の日和山には、地震直後に住民らが避難した(20日午後6時53分)=松下聖撮影
宮城県石巻市の日和山には、地震直後に住民らが避難した(20日午後6時53分)=松下聖撮影

 同県沿岸部の石巻市では地震直後、高台の日和山ひよりやまに住民が続々と避難した。防災無線や消防車のサイレンが鳴り響く中、不安そうに海を見つめ、家族や知人の安否を確かめる電話をかけていた。

 夫と2人の子どもと一緒に車で避難した女性(36)は、テレビの地震速報も見ずに、すぐに避難したという。東日本大震災の津波で亡くした母のことを思い出した。

 「尋常じゃない揺れだった。先月から地震が続いているし、大きな津波がまた来るかもしれないと思うと怖い」と声を震わせた。

 10年前の津波で経営する飲食店2店を失った岩手県大船渡市の男性(50)は、海の近くに再建した店から客とスタッフを避難させた後、内陸部へ急いだ。「震災の経験から、宮城の津波注意報でも、津波が大船渡に来ないとは限らないと思った。よくわからない中では、一刻も早く避難した方がいいと考えた」と振り返った。

 先月13日の福島県沖地震で、震度6強の揺れに見舞われた同県相馬市尾浜の旅館「かんのや」。今回の揺れで、客室の壁に入っていたひびが、さらに広がった。営業再開に向け準備をしている中での再被災に、館主の管野拓雄さん(62)は「せっかく修理をしても、同じような強い地震が続き、また壊れてしまうのではないかと心配だ」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1925416 0 社会 2021/03/20 21:44:00 2021/03/21 09:47:44 2021/03/21 09:47:44 日和山には地震直後から多くの住民が避難してきた(20日午後6時53分、石巻市で)=松下聖撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210320-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)