読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

サル山最後の1匹、自力で立てず…ヘルニアの可能性

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 広島県尾道市の千光寺公園内のサル山で飼育され、最後の1匹となった雌のニホンザルの足腰が立たなくなった。20年以上いる高齢のサルで、ヘルニアを患ったとみられる。18日に動物病院を退院後、サル山の小屋で静養を余儀なくされており、管理する市観光課は「人間なら90歳を超える年齢とみられ、そっとしてあげてほしい」としている。(佐藤行彦)

足腰が立たなくなった千光寺公園内のサル(13日撮影)=尾道市観光課提供
足腰が立たなくなった千光寺公園内のサル(13日撮影)=尾道市観光課提供

 同課によると、サル山は1970年、同公園の西側にオープンした。古い記録が残っていないが、多い時には数十匹飼育していたとされる。2006年には6匹、11年には雄雌の2匹に減少。14年に雄が死に、今の雌1匹となった。

 ニホンザルの寿命は25年程度とされ、世話をしていた人の話などから、この雌は00年頃にはいたらしい。名前はなく、近所の人らからは「オイ」「もんちゃん」「ななちゃん」などと呼ばれているという。

 13日にサル山で動けなくなっているのを市民が見つけ、観光課に連絡。意識ははっきりしているものの腰から下が動かなくなっていた。職員が市内の複数の動物病院に診察を依頼したが、「対象外」などと断られた。

 15日に診察してくれる動物病院が見つかり、入院した。獣医師が両足を触ったが反応がなく、レントゲンを撮っても骨折はしていなかった。ヘルニアの可能性があると診断され、痛み止めの薬を与えられたという。

 病院ではそれ以上の治療が難しく、サルは18日に退院し、サル山の小屋で静養することになった。後ろ足に引きずって付いたとみられる擦り傷があったため、小屋の中にシートが敷かれた。自力で立つことはできないが食欲はあり、職員が与える野菜をおいしそうにほおばっているという。

 中原一通・市観光課長は「長年市民にかわいがられてきた貴重な存在。高齢だが、なんとか回復してくれることを願っている」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1926851 0 社会 2021/03/21 21:53:00 2021/03/22 07:41:25 2021/03/22 07:41:25 足腰が立たなくなった千光寺公園内のサル=13日撮影、尾道市観光課提供 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210321-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)