読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「第4波」警戒、小池都知事が呼び掛け「リバウンド防止期間に入った」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス対策として首都圏の1都3県に2か月半にわたり出されていた緊急事態宣言の期間が21日で終了した。1月の宣言再発令直後の週末と比べると、最後の土曜日となった20日の人出は大幅に増えており、東京都や専門家は改めて「気の緩み」を起こさないよう対策の徹底を呼びかけた。

 「リバウンド(再拡大)防止期間に入ったという認識で、第4波に入らないようご協力をお願いします」。21日夕、東京都の小池百合子知事は報道陣の取材に対し、改めて感染対策を訴えた。都内では21日までの1週間平均の新規感染者が301・1人となり、2月23日時点以来、約1か月ぶりに300人を超えた。

 NTTドコモの「モバイル空間統計」によると、東京・渋谷センター街の20日午後3時の人出は、昨年1~2月の感染拡大前と比べて13・6%減で、宣言再発令後、初の土曜日だった1月9日の39・3%減よりも25・7ポイント上昇した。一方、地区によっては感染拡大前よりも人出が増えており、横浜駅は1月9日の16・7%減から18・5%増に、千葉駅は3・7%減から14%増に転じた。

 

残り:324文字/全文:798文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1927036 0 社会 2021/03/22 00:00:00 2021/03/22 07:03:32 2021/03/22 07:03:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210322-OYT1I50005-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)