読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

昨年は大通り閉鎖の上野公園、今年は片側通行…「十分春を感じられた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス感染が収束しないまま、2度目の花見シーズンを迎えた。各地で名所が閉鎖された昨季と違い、見物ルートの制限や小型無人機「ドローン」での中継など感染再拡大を警戒しつつ、工夫して花見を楽しもうという動きが広がっている。(上野綾香、鈴木慎平)

■片側通行で

通りの中央をコーンで仕切り、片側通行にした上野公園(20日、東京都台東区で)=鈴木毅彦撮影
通りの中央をコーンで仕切り、片側通行にした上野公園(20日、東京都台東区で)=鈴木毅彦撮影

 「他の人との距離を気にせずに、桜を楽しめた」。上野公園(東京都台東区)で20日、見物ルートに沿って、桜並木を通り抜けた見物客(69)(東京都葛飾区)はそう喜んだ。

 上野公園は昨年、桜並木がある大通りを一時閉鎖。今年は桜の一部エリアの立ち入りと宴会を禁止したが、通りはコーンで中央を仕切って片側通行とし、観賞できるようにした。警備員を増員し、巡回も実施する。

 妻と子どもの計4人で訪れた会社員男性(38)(台東区)は「ゆっくり歩きながら桜を見るだけでも、十分春を感じられた」と笑顔を見せた。

 都内では井の頭公園(東京都武蔵野市、三鷹市)でも夜の花見対策で警備員が巡回している。

 都の担当者は「コロナ禍が長引く中、今年は市民の憩いの場を開放すべく感染対策を行った。ただ、感染再拡大が心配されるので、混雑を避けるよう注意してほしい」と話した。

 約1000本の桜がある都内有数の名所・新宿御苑は宣言解除を受け、23日から再開園を決定。昨年は閉園したが、今年は4月25日まで事前予約制で対応する。

 4人以下か同居家族の場合に限って、レジャーシートを敷いて飲食しながら花見ができる。

残り:527文字/全文:1294文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1928456 0 社会 2021/03/22 15:45:00 2021/03/22 15:45:00 2021/03/22 15:45:00 混雑緩和のため、中央を仕切り右側通行にした上野公園のさくら通り(20日午後0時28分、東京都台東区で)=鈴木毅彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210322-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)