読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「過度な心配は不要、マスクや3密の回避心がけて」…赤ちゃんPCR陽性

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本小児科学会は22日、新型コロナウイルスに感染した妊婦から生まれた赤ちゃんが、出産直後のPCR検査で陽性だったケースが1件あったとする調査結果を公表した。母子感染の可能性がある事例で、国内で確認されたのは初めて。同学会によると、赤ちゃんの健康状態に問題はなかったという。

 調査は昨年9~10月、小児科のある全国2507医療機関を対象に行い、1124施設(45%)から有効回答があった。それによると、同年8月末までに31施設で、新型コロナに感染した52人の妊婦から52人の赤ちゃんが生まれ、うち1人が出産直後のPCR検査で陽性だった。ほかの51人はいずれも陰性で、陽性率は1・9%だった。

 同学会によると、海外の研究では、新型コロナで母子感染する可能性は2~3%程度とする報告が多いという。

 調査をとりまとめた森岡一朗・日本大学教授(小児科)は「母親から赤ちゃんに感染する可能性は低いし、感染しても重症化しないとみられる。過度な心配は不要だが、日頃からマスクや3密の回避など十分な感染対策を心がけてほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1929474 0 社会 2021/03/22 22:29:00 2021/03/22 22:29:00 2021/03/22 22:29:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)