読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

4都県知事、午後9時までの時短要請継続で合意…4月21日まで

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県知事は24日、テレビ会議を開き、新型コロナウイルス対策で今月末を期限に行っている飲食店などへの午後9時までの営業時間短縮要請を、4月21日まで継続することで合意した。応じた店舗には、現状と同じ1日当たり4万円の協力金を支払う。

 4都県では今月21日の緊急事態宣言解除後、閉店時間を宣言中の午後8時から午後9時に緩和して時短要請を続けてきた。ただ、新規感染者数の下げ止まりは続いており、会議で4都県知事は「今までの成果を無駄にしないためにも気を緩めない」(大野元裕・埼玉県知事)との考えで一致した。一方、神奈川県の黒岩祐治知事は感染状況が改善すれば、4都県で要請解除の前倒しを検討すべきだとの意向を示した。

 東京都の小池百合子知事は「ここはリバウンド(再拡大)の防止期間だ。改めて感染対策を強化していく」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1934757 0 社会 2021/03/24 21:15:00 2021/03/24 22:14:53 2021/03/24 22:14:53

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)