読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

宮城知事「最後の手段」飲食店に時短要請…肩落とす経営者「店の体力どこまで持つか」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、宮城県と仙台市が市内の飲食店計約1万店に要請した午後9時以降の営業自粛が、25日夜から始まる。山形県と山形市も27日から、同様の措置を講じる。期間はいずれも来月11日まで。年度替わりで人の移動が激しいこの時期、飲食店への時短要請で、感染拡大の食い止めを図る。

25日夜から、午後9時以降の営業自粛が始まる仙台市青葉区の国分町
25日夜から、午後9時以降の営業自粛が始まる仙台市青葉区の国分町

 東北随一の繁華街として知られる仙台市青葉区の国分こくぶん町。24日夕、飲食店の入り口に「25日から午後9時閉店」「臨時休業」と書かれた紙が貼られていた。県内では今月の新規感染者数が24日時点で1437人に上り、人口10万人あたりの新規感染者数は33・35人と、47都道府県で最悪だ。

 国分町で居酒屋を経営する男性(36)は時短を前に「しょうがないと割り切るしかない」と肩を落とす。県内では昨年末から今年2月7日まで、対象範囲を変えながら時短要請が続いていた。ところが今月18日、県と市が独自の緊急事態宣言を発令。予約のキャンセルが相次ぎ、男性は「店の体力がどこまで持つか」と危機感を募らせる。

 市によると、最近は20歳代~50歳代の感染が多く、7割の感染経路が不明だ。小坂健・東北大教授(公衆衛生学)は決定的な要因は不明としつつ、「大学入試や(東日本大震災が起きた)『3・11』など、2~3月にかけて人の移動が激しかった」と説明する。

 村井嘉浩知事は22日、「最後の手段」と述べ、時短要請に理解を求め、さらに感染が拡大した場合、緊急事態宣言に準じた対策が可能になる「まん延防止等重点措置」の適用を国へ要請することも検討する。

 仙台市から車で1時間程度の距離にある山形市と山形県も27日から来月11日まで、市内全域で飲食店など約1200店に午後9時以降の営業自粛を要請する。

 宮城県が独自宣言を出した今月18日から山形県内では2桁の新規感染者数を記録。24日までの1週間で計138人に上り、うち山形市が91人と6割強を占めた。佐藤孝弘市長は24日、「市民や事業者には大変な不便や面倒をかけるが、今が正念場」と呼びかけた。

無断転載・複製を禁じます
1935976 0 社会 2021/03/25 11:36:00 2021/03/25 12:09:33 2021/03/25 12:09:33 25日夜から営業時間の短縮要請が行われる仙台市青葉区の国分町(24日午後6時14分)(24日) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210325-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)