読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

山形県で45人感染、寒河江市にも緊急事態宣言…宮城は5日連続100人超

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染が急速に拡大している山形県で27日、新たに45人の感染者が確認された。25日の49人に次いで2番目に多く、2桁の感染者数は10日連続。県と寒河江市は27日、同市内を対象に独自の緊急事態宣言を出した。宣言は山形市内でも22日から出されている。

 新規感染者45人のうち、山形市は20人、寒河江市が11人。山形市北西に位置する寒河江市で直近1週間の新規感染者数(26日現在)は、人口10万人当たり51・22人で、山形市の41・2人を上回った。

 山形市の飲食店では27日、午後9時以降の営業自粛が始まった。寒河江市では30日から同様の措置が始まる。

 宮城県の27日の新規感染者は129人で、5日連続で100人を超えた。このうち仙台市は76人を占めた。27日午後3時時点の病床使用率は65・82%で、医療体制の逼迫ひっぱくが懸念されている。

無断転載・複製を禁じます
1941789 0 社会 2021/03/27 19:11:00 2021/03/27 21:25:07 2021/03/27 21:25:07

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)