読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

厚労省23人宴会、主催した課長を事実上の更迭…厚労相も閣僚給与2か月分返納方針

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省老健局の職員23人が東京・銀座の居酒屋で深夜まで送別会を開いていた問題で、同省は30日、送別会を主催した同局老人保健課の真鍋馨課長(51)を減給1か月(10分の1)の懲戒処分とし、大臣官房付に異動させた。事実上の更迭とみられる。田村厚労相は閣僚給与2か月分を自主返納する。

 残る参加者22人のうち、自治体からの研修生を除く19人を訓告や注意などの処分とした。監督責任を問い、樽見英樹次官を厳重注意、土生栄二老健局長も訓告の処分とした。

 同省によると、送別会は今月24日午後7時過ぎに始まり、順次、同課職員が合流した。この日は政府の緊急事態宣言解除から3日後で、東京都は飲食店などに午後9時までの営業時間短縮を求めていたが、最後まで残った十数人が退店したのは同11時50分頃だった。

 同省の調査に対し、職員らは店が午後11時まで営業していることを確認した上で予約したとしており、「業務で遅くなる職員も参加できると考えた」と説明しているという。

 田村厚労相は30日の閣議後記者会見で「非常に多い人数での宴会で、常識では考えられない。国民の信用を裏切る行為だ」と述べた。

 この問題について、菅首相は30日、都内の視察先で記者団の質問に答え、「大変申し訳ないことだ」と陳謝した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1949675 0 社会 2021/03/30 21:47:00 2021/03/31 02:21:30 2021/03/31 02:21:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)