読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

求愛行動も確認されていたけど…両方メスだったオニオオハシ「つがい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

DNA検査でメスだと分かったトト(円山動物園提供)
DNA検査でメスだと分かったトト(円山動物園提供)

 札幌市円山動物園(札幌市中央区)で、2013年からオスとして飼育されていたオニオオハシの「トト」が、メスだったことが分かった。同動物園が発表した。

 オニオオハシは南米の熱帯雨林に生息する鳥で、色鮮やかなくちばしが特徴。同園は13年に業者から、トトとメスの「ポコ」の2羽をつがいとして購入した。

 16年以降、2羽の巣では毎年産卵を確認していたが、すべて無精卵だった。昨年、巣内を撮影したところ、トトが産卵している可能性が高まり、北海道大や他の動物園の協力でDNAを検査して、トトがメスだと判明した。

 同園によると、オニオオハシは、オスの方が体やくちばしが大きいとされるが、外見から雌雄を判別するのは難しい。2羽には求愛行動も確認されていた。

 同園は2羽の展示を続けるが、繁殖のため、一方を他の動物園のオスと交換することも検討している。

無断転載・複製を禁じます
1958160 0 社会 2021/04/03 06:41:00 2021/04/03 08:13:18 2021/04/03 08:13:18 DNA検査でメスだと分かった、オニオオハシのトト(札幌市円山動物園提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210402-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)