読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

枕カバーのニオイたどり…深夜の路上で行方不明者発見、お手柄の警察犬

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

マリーナ号の活躍で感謝状を贈られた羽鳥さん(右)と荒木さん(左)。中央は田中署長(2日、羽生署で)
マリーナ号の活躍で感謝状を贈られた羽鳥さん(右)と荒木さん(左)。中央は田中署長(2日、羽生署で)

 埼玉県警羽生署は2日、家を出たまま行方がわからなくなった男性の早期発見に貢献したとして、嘱託警察犬「マリーナ フォン レーベン号」(ジャーマンシェパード、9歳雌)の指導士の羽鳥文仁さん(42)、飼い主の荒木和雄さん(68)に感謝状を贈った。

 同署によると、3月23日午後7時頃、羽生市の20歳代の男性が家を出たまま行方不明になったと、家族から連絡があった。同署員らが約3時間にわたって捜索したが見つからなかったため、同署はマリーナ号に出動を要請。マリーナ号は、男性が使用していた枕カバーのにおいなどをもとに捜し始め、午後11時過ぎ、同市内の路上を歩いていた男性を見つけ出した。

 羽鳥さん、荒木さんと同署を訪れたマリーナ号には、田中守署長からおもちゃがプレゼントされた。羽鳥さんは「男性を無事に見つけることができてよかった。今後もマリーナと協力して、県民の安全のために活動していきたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1958187 0 社会 2021/04/03 07:35:00 2021/04/03 07:35:00 2021/04/03 07:35:00 マリーナと感謝状を手にする羽鳥さん(右)と荒木さん(左)と田中署長(2日午前9時57分、羽生署で)=水野友晴撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210402-OYT1I50073-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)