読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大阪市職員9人が焼き肉店で送別会、2人感染…「あってはならないこと」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

大阪市役所
大阪市役所

 大阪市は3日、市高齢施設課の職員9人が飲食を伴う送別会を開き、うち2人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。市は「4人以下での『マスク会食』の徹底」や「歓送迎会の自粛」を呼びかけており、同課は「市民に要請する中で、あってはならないことと重く受け止めている」としている。

 発表によると、送別会は、3月26日午後6時過ぎから約2時間、市内の焼き肉店で開かれ、課員10人のうち当時の課長を含む9人が参加した。二つのテーブルに分かれ、飲食中はマスクを着用していなかったという。

 このうち1人が27日に発熱し、29日に検査を受けたところ陽性が判明。市は同日、同じテーブルで飲食した3人を自宅待機とし、今月2日に、このうち1人の感染がわかったという。

 奈良県橿原市の県立医科大付属病院も、医療従事者5人の感染が確認されたと発表。5人とも3月20日、今春の同医科大の卒業生1人と飲食店で飲酒を伴う会食をしており、31日に卒業生の感染が判明していた。会食が原因で感染が広がった可能性があるという。

無断転載・複製を禁じます
1959413 0 社会 2021/04/03 22:06:00 2021/04/04 07:41:24 2021/04/04 07:41:24 大阪市役所。大阪市北区で。2020年11月16日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210403-OYT1I50113-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)