読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「八つ墓村」ロケ地の鍾乳洞は恋人の聖地

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岡山県新見市の県指定天然記念物の満奇洞まきどうに足を運んだ。江戸時代末期、猟師が獲物を追っていて発見したという鍾乳洞。1929年、歌人の与謝野晶子が「奇に満ちた洞」と詠んだことから命名され、横溝正史の小説を映画化した「八つ墓村」のロケ地としても知られている。

幻想的な雰囲気に包まれた満奇洞(新見市で)
幻想的な雰囲気に包まれた満奇洞(新見市で)

 洞内の総延長は約450メートル。年間15度前後で夏でも肌寒い。鍾乳石が発達し、膝を曲げなくては進めない場所があると思えば、迷路のように二股に分かれたり、行き止まったりと様々な表情を見せる。

 棚田のようなあぜ石が連なる「千枚田」、巨大な空間に鍾乳管やつらら石が見られる「竜宮橋」。いずれもLED照明でライトアップされ、幻想的な雰囲気を醸し出す。2019年には「恋人の泉」が観光スポットの恋人の聖地に選定された。

 洞内のあちらこちらで見られる、自然の造形美。私も一首、詠みたくなった。(黒川武士)

無断転載・複製を禁じます
1963962 0 社会 2021/04/06 07:14:00 2021/04/06 07:14:00 2021/04/06 07:14:00 幻想的な雰囲気に包まれた満奇洞(新見市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210405-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)