読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】授業中などに男児を無断撮影、不登校に…教職員6人「指導のため」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 兵庫県宝塚市立小学校で、教職員6人が特定の男児の授業中の様子などを無断撮影していたことが、市教育委員会への取材でわかった。6人は「指導のため」と説明したが、児童はその後不登校になったという。市教委は「不適切な行為」として経緯を調査し、関係者の処分を検討している。

 市教委などによると、6人は2019年以降、授業中や休み時間に、特定の男児の様子をスマートフォンやデジタルカメラで撮影。その画像を学校のパソコンの共有フォルダーで保存していたという。

 教職員らは市教委の調査に「男児が授業中に問題行動をすることがあり、カメラを向けるとおさまることがあった。行動を記録して指導に使うつもりだった」などと説明。当初は男児にカメラを向けるだけだったが、その後実際に撮影するようになったという。

 市教委が画像の一部を確認したところ、問題行動をしていない日常の写真も含まれていた。画像の外部への流出は確認されていない。

 昨年11月、男児から話を聞いた保護者が学校に問い合わせ、校長らが把握。校長は謝罪したが、男児はその後不登校になったという。

 市教委は「写真撮影がどうしても必要なら、保護者の理解を得るべきだった。信頼関係を損ねており、問題がある」としている。

無断転載・複製を禁じます
1962614 0 社会 2021/04/05 15:00:00 2021/04/12 18:47:48 2021/04/12 18:47:48

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)