読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

芋煮会も花見も自粛で…「県民のソウルフード」玉こんに迫る危機

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 玉こんにゃくを作る山形市内の食品製造卸業2社による「山形市こんにゃく組合」(代表=長谷川晃一・ヤマコン食品社長)は、佐藤孝弘市長に、経済支援を求める要望書を手渡した。

佐藤市長(左)に要望書を手渡す長谷川社長(2日、山形市役所で)
佐藤市長(左)に要望書を手渡す長谷川社長(2日、山形市役所で)

 芋煮会や花見の自粛、観光客が見込めないことによる土産物需要の減少などで、注文が激減。要望書では、営業時間の短縮要請に応えている飲食店には協力金が支給されるが、納品している製造業者への補助はないとして、「県民のソウルフード」である玉こんにゃく製造業者への支援を求めた。

 2日に市役所で要望書を受け取った佐藤市長は「対策を考えていきたい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1966936 0 社会 2021/04/07 08:15:00 2021/04/07 08:15:00 2021/04/07 08:15:00 佐藤市長(左)に要望書を手渡す山形市こんにゃく組合代表の長谷川社長(2日午前10時34分、山形市役所で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210406-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)