「復興のシンボル」熊本城天守閣の復旧完了、瓦の軽量化で耐震性強化

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2016年4月の熊本地震で被災した熊本城(熊本市中央区)の天守閣の復旧が完了し、6日、内部が報道陣に公開された。城の復旧の歩みなどを紹介する展示エリアが整備され、26日には5年ぶりに一般公開が再開される。

【独自】熊本地震、断層ずれ拡大…3回のずれは「非常に珍しい」
内装工事が完了し、報道関係者に内部が公開された熊本城の天守閣(6日午前9時12分、熊本市中央区で)=浦上太介撮影
内装工事が完了し、報道関係者に内部が公開された熊本城の天守閣(6日午前9時12分、熊本市中央区で)=浦上太介撮影

 天守閣は、大天守(地上6階、地下1階)と小天守(地上4階、地下1階)からなる。地震では大天守の大半の瓦が崩落。石垣も崩れ、内部の壁にはひびが入った。熊本市は「復興のシンボル」と位置づけ、最優先で復旧に着手。二つの天守は最上階を解体して再建し、軽量化した瓦を使うなどして耐震性を高めた。崩れた石垣は大半を再利用して積み直し、3月24日に復旧を終えた。城全体の復旧完了は37年度の予定。

 展示エリアでは、地震前と被災時の熊本城を再現した模型のほか、城の歴史や復旧の歩みが学べるパネルなどが並んでいる。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1964757 0 社会 2021/04/06 13:06:00 2021/04/06 13:06:00 2021/04/06 13:06:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210406-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)