読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

フワフワ産毛の姿は今月半ばまで…アザラシの赤ちゃん誕生

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 静岡県沼津市の水族館「伊豆・三津シーパラダイス」で2日、ゴマフアザラシの赤ちゃんが誕生した。くりくりした真っ黒な瞳とフワッとした白い姿に、来場者は「本当にぬいぐるみみたい」と歓声をあげていた。

2日に誕生したゴマフアザラシの赤ちゃん(伊豆・三津シーパラダイスで)
2日に誕生したゴマフアザラシの赤ちゃん(伊豆・三津シーパラダイスで)

 赤ちゃんの父親は6歳のエイト、母親は15歳のナナコで、シーパラダイスで初となる3年連続の出産だった。2日朝に屋外飼育場で、ナナコの傍らに小さな白い塊があるのを飼育員が見つけ、出産が分かった。

 田原由規副飼育長によると、ゴマフアザラシの赤ちゃんは、生後2~3週間の授乳期間中は白い産毛に包まれている。その後はあっという間に大人と同じ白っぽい灰色になるため、産毛の姿を見られるのは今月半ば頃までという。

無断転載・複製を禁じます
1971764 0 社会 2021/04/08 20:11:00 2021/04/08 20:11:00 2021/04/08 20:11:00 2日に誕生したゴマフアザラシの赤ちゃん(沼津市の伊豆・三津シーパラダイスで) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210406-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)