読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

松戸女児殺害、被告の死刑なくなる…検察側が上告断念・父親「絶望感で言葉が出てこない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 千葉県松戸市の市立小3年だったベトナム国籍の女児(当時9歳)が2017年3月に殺害された事件で、東京高検は6日、殺人やわいせつ略取誘拐罪などに問われた同じ小学校の元保護者会長・渋谷恭正やすまさ被告(49)に対し、1審に続いて無期懲役(求刑・死刑)を言い渡した先月23日の2審判決について、上告しないと発表した。無罪を主張している被告側は既に上告したが、検察側の上告断念により、死刑が言い渡されることはなくなった。

東京高等検察庁
東京高等検察庁

 1審・千葉地裁の裁判員裁判と2審・東京高裁の判決によると、渋谷被告は17年3月24日、登校中のレェ・ティ・ニャット・リンさんをわいせつ目的で軽自動車に連れ込み、手足を拘束するなどした後に車内で殺害。遺体を同県我孫子市の排水路脇に遺棄した。

 検察側は「殺害に計画性があった」として死刑を求めたが、1、2審判決は計画性を否定した上で、「極刑がやむを得ない事件とはいえない」と判断した。最高裁への上告は本来、憲法違反や判例違反などがある場合に限られており、同高検の久木元伸・次席検事は上告期限の6日、「適法な上告理由が見いだせなかった」とのコメントを出した。

 検察側の上告断念について、リンさんの父親のハオさん(38)は読売新聞の取材に「絶望感で何も言葉が出てこない」と力なく語った。

無断転載・複製を禁じます
1965945 0 社会 2021/04/06 19:48:00 2021/04/06 20:49:24 2021/04/06 20:49:24 東京高等検察庁、東京地方検察庁(合同庁舎第6号館)。東京都千代田区で。2020年11月8日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210406-OYT1I50109-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)