読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

野球部員に立腹「コロナに感染しろ」、人権侵害の発言も…部長が暴言繰り返す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 佐賀県立鳥栖商業高(鳥栖市)野球部の部長(57)が、部員らに「コロナに感染しろ」と暴言を吐いたなどとして、日本学生野球協会は6日、部長を6か月の謹慎処分にしたと発表した。また、同部の監督(32)も、部員に対する暴言で1か月の謹慎処分にした。

 発表などによると、部長は昨年10月、複数の部員が集まって話をしているのに立腹し、暴言を吐いたという。今年3月には、「君たちは脳に障害があるわけではないのだから、しっかり話を聞きなさい」と人権侵害に当たる発言をしていた。部長は以前にも暴言を理由に1か月の謹慎処分を受けていた。

 監督は昨年11月、指導中の部員に「殺すぞ」などの暴言を吐いていた。保護者が学校に相談して発覚したという。

 同校の井上健史校長は読売新聞の取材に「指導者として不適切な発言。職員全体の意識を改め、再発防止に努めたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1966444 0 社会 2021/04/06 22:37:00 2021/04/07 07:26:41 2021/04/07 07:26:41

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)