読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「少人数、短時間」求めていたのに…県職員ら計39人で送別会

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鹿児島県の職員29人と県観光連盟の職員10人の計39人が3月下旬、鹿児島市内のホテルで送別会を開いていたことがわかった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、塩田康一知事は会食について「少人数、短時間で」と県民に求めていた。県人事課は「少人数とは言えない人数だった。会食のルールの趣旨が徹底していなかった」としている。

鹿児島県庁
鹿児島県庁

 県によると、送別会は、退職する県PR・観光戦略部長らを送別する目的で3月26日午後6時半から約2時間半実施。部長のほか、当時の観光課長、同課職員らが出席した。200人収容の宴会場を借り切り、テーブルはアクリル板で区切られていたという。

 会食をする際の対応について、県は職員に対し、店の感染対策の確認などを求めていたが、人数について明確な基準は設けていなかった。塩田知事は7日、「県民に不快な思いをさせたことは誠に申し訳ない。改めて職員に感染防止対策を具体的に示し、徹底を図る」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます
1967992 0 社会 2021/04/07 15:02:00 2021/04/07 15:02:00 2021/04/07 15:02:00 鹿児島県庁。鹿児島県鹿児島市で。2020年11月17日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210407-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)