読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「第4波」は深刻、英国型「50代以下の重症者増える傾向」…油断での受診遅れも目立つ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府が再び「医療非常事態」の宣言に追い込まれた。府では2度目の緊急事態宣言が先行解除された後、経済活動の制限を段階的に緩和、新型コロナウイルスの感染拡大をコントロールして4月以降のワクチンの普及を待つ考えだった。だが変異したウイルスの猛威で重症者が急増。医療体制が急速に悪化し戦略は破綻しつつある。(太田晶久)

■先行解除の是非

医療崩壊の可能性を訴える吉村知事(7日午後、大阪府庁で)=東直哉撮影
医療崩壊の可能性を訴える吉村知事(7日午後、大阪府庁で)=東直哉撮影

 医療非常事態を示す「赤信号」の点灯を決めた7日、府の対策本部会議後の記者会見では、先行解除の判断を巡る質問が飛んだ。

 「宣言解除が早かったのではないのか」「変異ウイルスを過小評価したのでは」

 問われた吉村洋文知事は「専門家の意見も聞いて判断した。間違っていたとは思わない」と反論し、「感染者が増えれば、それに適切に対応することが重要だ」と繰り返した。

 しかし2月末での先行解除時に描いていた「青写真」の崩壊は否めない。

 府では「ワクチンが来るまでは『増えては抑え』を繰り返すしかない」として、3月以降、大阪市内の飲食店に午後9時までの営業時間の短縮要請を継続。感染対策と経済活動とのバランスを図ろうとした。

 庁内には「感染者数を一定水準に抑え続けられるのでは」との期待もあったが、3月下旬から状況が一変。4月1日から時短のエリアを府内全域に広げ、5日には「まん延防止等重点措置」の適用を受けたが、感染拡大の速度はそれを上回り、打つ手がなくなりつつある。

 7日現在の大阪府の重症病床(224床)の使用率は70・5%。重症患者は158人で、2週間前の2・6倍になった。府の想定では、重症者が160人台になるのは4月半ばと見込んでいたが、これを超える展開となっている。

■若年層が増加

 目算の狂いの要因とみられるのが、変異ウイルスだ。

 府が実施する抽出検査で、検体に対する変異ウイルスの割合は1月中旬は数%で、府は「ある程度、感染経路は追えている」としていた。しかし2月下旬には30%台、4月3日までの1週間では73・7%と、従来のウイルスから置き換わりつつある。

 確認されているのはいずれも「英国型」で、若年層でも拡大しやすく、重症化リスクが高いとされ、データでも裏付けられてきた。

 府の分析では「第3波」(10月10日~2月28日)の感染者(3万6065人)のうち30歳代以下が占める割合は45・6%だったが、変異ウイルス感染者(897人)では58・2%に上る。10歳未満も2・7%から7・6%に増えた。

 一方、重症化率は40歳代以上が10・7%で、60歳代以上が22・7%。「第3波」の感染者に比べ、それぞれほぼ倍か、それ以上だ。発症から重症化までの期間も1・5~2日ほど速い。

 府内では、3月以降の重症者のうち50歳代以下が25%を占め、「第3波」より7・5ポイント高くなるなど重症者の若年化の傾向もみられており、府幹部は「これまでデータがなく、実際に広がるまでわからない事も多かった」と漏らす。

■危機感広がらず

 重症患者は感染者数の増加後、少し遅れて増える傾向があり、当面の病床改善は期待できない。4月12日から始まる高齢者向けワクチン接種が本格化すれば、医療従事者の負担は増す。対策本部会議では医療現場から「朝令暮改となる批判を恐れず、速やかに緊急事態宣言を」との意見も示された。

 府内の繁華街の人出は、緊急事態宣言期間中より高い水準だ。8日からは府民への不要不急の外出自粛など新たな呼びかけを始めるが、どこまで浸透するかは見通せない。

 吉村知事は7日の記者会見で「コロナ流行から1年以上となり、危機意識の共有が非常に難しくなってきている」と苦悩をにじませ、「府民全員に協力をお願いしたい」と改めて訴えた。

「第4波」はるかに深刻

 大阪府の専門家会議委員を務めるりんくう総合医療センターのやまと正也・感染症センター長の話「『第4波』の今回は変異ウイルスの影響もあって拡大のスピードが速く、事態は『第3波』よりもはるかに深刻だ。英国型変異ウイルスは、大阪府内の状況を見る限り、50歳代以下の重症者が増えるなどの傾向がある。コロナへの油断からか、受診が遅れて重症化する患者も目立つ。このままでは府内の病床が一気に埋まり、再び多くの死者が出るのではないか。府民は強い危機感を持ち、不要不急の外出を控えるなど適切に行動してほしい」

無断転載・複製を禁じます
1969504 0 社会 2021/04/08 01:58:00 2021/04/08 06:43:54 2021/04/08 06:43:54 大阪府内の医療提供体制が逼迫(ひっぱく)しているとして「医療非常事態」を宣言する吉村知事(7日午後3時9分、大阪府庁で)=東直哉撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210408-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)