読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】変異ウイルス患者の退院基準緩和へ…PCR2回陰性求められ入院長期化の傾向

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は8日、変異した新型コロナウイルスに感染した患者の退院基準について、病床の逼迫ひっぱく度に応じて、これまで必要としていたPCR検査などの条件を緩和する方針を固めた。

厚生労働省
厚生労働省

 新型コロナ患者の退院基準は従来型と変異型で異なる。従来型は、症状が改善した上で、軽症・中等症なら発症から10日、重症なら発症から15日経過すれば退院できる。一方、変異型は症状の有無にかかわらず、PCR検査などで2回連続で陰性になることが求められ、入院が長期化しやすい。全国的に変異型の患者が増える中、医療機関の負担が高まっていた。

 国立感染症研究所が変異型患者の発症からの日数と感染力の関係を調べ、従来型と大きな差がないことも確認した。同省は改定について、都道府県などに近日中に文書で伝える。

無断転載・複製を禁じます
1972473 0 社会 2021/04/09 05:00:00 2021/04/09 05:23:41 2021/04/09 05:23:41 厚生労働省、環境省。中央合同庁舎第5号館。東京都千代田区霞が関で。2020年11月3日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210409-OYT1I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)