読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「変異型、病床ひっ迫なら個室での隔離不要」…厚労省が基準緩和

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は、変異した新型コロナウイルスの感染拡大を受け、変異型患者の入退院基準を緩和するよう8日付の文書で都道府県などに伝えた。病床が逼迫ひっぱくしている都道府県では、変異型のタイプを問わず個室での隔離を不要とし、従来型患者と同室とすることを認めた。

 また、退院基準についても、全面的に従来型と同じ扱いにした。これまでは変異型の患者は症状にかかわらず原則入院とし、PCR検査などで2回連続陰性にならないと退院できなかった。新基準では、軽症・中等症なら発症から10日(かつ症状軽快から3日)、重症なら15日(同)が経過すればPCR検査なしに退院できる。

 変異型の患者の扱いを別にすることで人手がかかるうえ、入院が長期化しやすく、医療機関の大きな負担になっていた。国立感染症研究所が、変異型患者の発症からの日数と感染力の関係を調べ、従来型と大きな差がないことを確認した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1975126 0 社会 2021/04/09 22:51:00 2021/04/09 22:51:00 2021/04/09 22:51:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)