読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「生徒と私的SNSやりとり禁止」「密室での指導回避」…文科省が「わいせつ行為」対応指針

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 教員による児童生徒らへのわいせつ行為が後を絶たない中、文部科学省は9日、SNSの私的なやりとりの禁止や密室状態での指導の回避などの「対応指針」をまとめ、全国の教育委員会に通知した。

 通知では、無料通信アプリ「LINE」などで私的なやりとりを交わしているうちに親密になり、わいせつな行為に及ぶケースが多いとして、教員と児童生徒のSNSの私的なやりとりの禁止を明確化するよう各教委に求めた。

 文科省によると、全国には空き教室などは約8万室あり、そうした「学校の死角」でわいせつ行為をする事例も散見されるため、密室状態での指導を回避するよう求めた。

 このほか、関係者の言い分が食い違う事案などでは、弁護士や医師などの外部専門家の協力を得ながら調査を進める対応例を示した。懲戒処分歴を隠して応募することがないよう、処分歴を記載する書式例を各教委に提示し、処分前に依願退職させないことなども盛り込まれた。

 通知内容には、初めて明文化されたものが多く、文科省幹部は「わいせつ行為は許されないという強い意思を示した」としている。

無断転載・複製を禁じます
1975321 0 社会 2021/04/10 05:00:00 2021/04/10 05:13:09 2021/04/10 05:13:09 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210409-OYT1I50116-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)