読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「ウサギ寺」に改善指導…境内の草取りウサギ多数飼育「過密で不衛生」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

建て替えたウサギ小屋(8日、佐渡市長谷で)
建て替えたウサギ小屋(8日、佐渡市長谷で)

 多数のウサギを飼い、「ウサギ寺」として知られる新潟県佐渡市長谷の長谷寺が、飼育状況が過密で不衛生として、佐渡保健所から複数回の改善指導を受けている。これまで改善を支援してきた市民ボランティアが、住職との考え方の違いから撤退。今後、状況が再び悪化することも懸念されている。

 同寺は檀家だんかが約40軒と少なく、境内清掃の費用などが重くのしかかり、2006年頃から境内の除草のためにウサギを飼い始めた。この「草取りウサギ」にちなんだウサギ観音像が18年に作られ、話題となった。

 同寺によると、最も多い時には小屋で約50匹を飼育。佐渡保健所から昨年指導を受けた時点では30匹以上がいた。寺は指導後、ウサギが逃げ出さないよう小屋(約12平方メートル)を建て替え、ボランティアの支援を得て病気やけがの治療、雄の避妊、譲渡などに取り組み、小屋には現在、雌のみの11匹となった。放し飼いのウサギも多い時には約40匹いたが、今は数匹に減ったという。

 ボランティアが富田宝元住職(80)に対し、動物愛護管理法に違反する放し飼いをやめることや、県条例で届け出が不要な9匹以下への削減を説得したが、住職は「これ以上減らさない。草取りウサギは続ける」と譲らなかったという。

 ボランティアは「適正飼育への理解が得られない」として3月下旬に活動から撤退。ボランティアの近藤陽子・県動物愛護推進員は「保健所にお任せするしかなくなったが、寺から依頼があればいつでも協力したい」と話している。

 富田住職は取材に対し、寺の財政的な窮状を訴え、「このままではウサギがいなくなる。法令を守りながら数を増やしていきたい」との考えを示した。

無断転載・複製を禁じます
1978127 0 社会 2021/04/11 18:39:00 2021/04/11 20:48:25 2021/04/11 20:48:25 寺が建て替えたウサギ小屋と富田住職 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210410-OYT1I50130-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)