読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大量の家電・家具、世界遺産の寺の霊場に不法投棄…監視カメラ4台設置

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

仁和寺の不法投棄対策で設置された監視カメラ(京都市右京区で)
仁和寺の不法投棄対策で設置された監視カメラ(京都市右京区で)

 世界遺産・仁和寺(京都市右京区)の境内にある霊場で家電や家具などが大量に不法投棄されている問題で、京都市が監視カメラ4台を地元の住民グループに貸与し、投棄場所に設置した。今後、新たにごみが捨てられれば、録画を確認して警察に通報する。

 境内北側の成就山(標高236メートル)にある御室八十八か所霊場では、数十年前から不法投棄が続いている。市道から捨てられたごみが斜面を転がり、参拝道近くでたまっているという。

 市によると、カメラは市が全額負担し、3月26日に設置完了。半年の貸与だが延長も可能だ。24時間録画でき、約1週間保存される。夜間でも車のナンバーが認識できる解像度がある。近くには「監視カメラ作動中」と書かれた看板も掲げた。

 寺は毎月、地域のボランティアと清掃に取り組んでいる。大石隆淳財務部長は「地元の協力に感謝している。ごみを一掃し、憩いの場として霊場を残していきたい」と語った。宇多野自治会連合会の折居弘一会長(76)は「心ない不法投棄の抑止に期待したい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1978022 0 社会 2021/04/11 16:06:00 2021/04/11 16:06:00 2021/04/11 16:06:00 仁和寺の不法投棄対策で設置された監視カメラ(右京区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210411-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)