読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

救急車が線路下くぐれず、方向転換で縁石に接触…病院到着遅れる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 秋田県の男鹿地区消防本部は10日、天王分署(潟上市)の救急車が80歳代男性を救急搬送した際、病院への到着が約3分遅れたと発表した。男性は意識不明の重体。病院の医師によると、遅延の容体への影響はないという。

 発表によると、同日正午過ぎ、男性の家族から「父親が息をしていない」と119番があった。救急車は男性を乗せ、線路下をくぐる経路を選んだが、出発から約1分後に通過できない高さだとわかった。経路を変えるために方向転換した際、車両後部が縁石に接触し、さらに到着が遅れた。

無断転載・複製を禁じます
1978140 0 社会 2021/04/11 18:53:00 2021/04/11 23:23:36 2021/04/11 23:23:36

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)