札幌「チカホ」で世界トップ選手感じて…壁に競歩シルエット、地面に記録保持者の歩幅

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

壁面に並んだ競歩選手のシルエット(10日、札幌市中央区の札幌駅前通地下歩行空間で)
壁面に並んだ競歩選手のシルエット(10日、札幌市中央区の札幌駅前通地下歩行空間で)

 東京五輪の開幕まで100日の節目が迫る中、マラソン、競歩、サッカーが開催される札幌市は10日、札幌駅前通地下歩行空間(チカホ)で、五輪やパラリンピックの魅力を紹介する展示を始めた。

 チカホの壁面には、競歩の女子選手の競技中のシルエットが並び、地面には、陸上の男子100メートルや男子マラソンの世界記録保持者の歩幅を示す足跡が描かれた。通行人が実際に歩幅を合わせ、世界のトップ選手のすごさを体感していた。

 このほか、札幌市がホストタウンになっているパラリンピックのウクライナ男子ゴールボールチームを紹介するパネルも設置。ウクライナの関係者から札幌市民に向けたビデオメッセージも流された。

 東京五輪の開会式は7月23日。札幌市東京オリンピック・パラリンピック担当課長は「ホストタウンの取り組みなど、競技にとどまらない五輪・パラリンピックの魅力を知ってほしい」と話していた。展示は11日まで。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1978171 0 社会 2021/04/11 19:30:00 2021/04/11 19:30:00 2021/04/11 19:30:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210411-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)