読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「撃てるものなら撃ってみろ」…刃物男に警官が発砲、1発命中

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 11日午後10時15分頃、名古屋市西区上名古屋の立体駐車場で、愛知県警機動捜査隊員の男性警部補(46)が、刃物(全長約50センチ)を持って向かってきた男(47)に拳銃を2回発砲し、1発が男の下腹部に当たった。

愛知県警
愛知県警

 県警西署は男を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕したが、治療のため釈放した。病院搬送時に意識はあったという。

 同署の発表によると、11日午後9時55分頃、解体前の立体駐車場で「火を使っている人がいる」と通行人から110番があった。警部補らが駆けつけると、駐車場1階に、刃物を持った男がおり、「撃てるものなら撃ってみろ」などと言って逃走。その後、警部補が3階に潜んでいた男を見つけ、刃物を捨てるよう複数回警告したが、向かってきたため、足元に発砲。さらに向かってきたため、再度発砲したという。

 県警機動捜査隊の飯田八寿夫隊長は「現時点で適正な拳銃使用と考えている」とコメントしている。

無断転載・複製を禁じます
1978803 0 社会 2021/04/12 10:48:00 2021/04/12 16:55:15 2021/04/12 16:55:15 愛知県警。名古屋市中区で。2020年11月6日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210412-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)