読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

効力ない標識で取り締まり、6年5か月で53件…標識変更の上申怠る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鹿児島県警は13日、同県奄美市名瀬伊津部町の市道に県公安委員会の決定とは違う標識が設置され、約6年5か月間で計53件の効力のない取り締まりをしていたと発表した。取り締まりを受けた53人について違反点数を抹消し、交通反則金計33万5000円の還付手続きを進める。

 県警によると、標識は県道と市道が交わる交差点にある。県公安委員会の決定では左折のみが禁止されていたが、標識は右左折を禁止。県警は標識をもとに右折についても取り締まりをしていた。

 この交差点は以前、右左折が禁止されていたが拡幅工事を行う際、右折先が通れなくなっため、同委員会が左折のみを禁止した。2014年、工事の完了を受けて、県警が同委員会に改めて右折の禁止を追加してもらうための上申をすべきだったが、怠っていたという。

無断転載・複製を禁じます
1983760 0 社会 2021/04/14 07:23:00 2021/04/14 09:27:58 2021/04/14 09:27:58

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)