読売新聞オンライン

メニュー

男「父は堀内孝雄、自分は大学病院長」とウソ…治療名目で2万円詐取

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

警視庁
警視庁

 歌手の堀内孝雄さんの息子を装って現金を詐取したとして、警視庁板橋署は14日、住所不定、無職の男(48)を詐欺容疑で逮捕したと発表した。逮捕は12日。

 発表によると、男は昨年11月22日、客を装って訪れた東京都板橋区の不動産仲介業者の事務所で、50歳代の男性社長に「父は堀内孝雄で、自分は大学病院長だ。2万円で足を治療する」などとウソを言って、その場で現金2万円をだまし取った疑い。調べに、「何のことか覚えていない」と容疑を否認している。

 男が翌日予定していた内覧に訪れず、音信不通になったことから社長が板橋署に相談した。

 男は2016年にも、堀内さんや歌手の谷村新司さんの息子をかたって現金を詐取したとして警視庁に逮捕され、その後、実刑判決を受けていた。

無断転載・複製を禁じます
1984592 0 社会 2021/04/14 13:07:00 2021/04/14 13:07:00 2021/04/14 13:07:00 警視庁。東京都千代田区霞が関で。2020年11月1日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210414-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)