読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「希釈後6時間以内に使用」のワクチン、余っても廃棄せず有効活用を

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナワクチンの接種予約者がキャンセルした場合などを想定し、茨城県は余ったワクチンを廃棄せず、別の人に振り替えて接種するよう市町村に求めている。東京都八王子市などで廃棄されていた問題を受けた措置。高齢者施設での接種では、居合わせた医療従事者や職員らが振り替えの対象になり得るという。

 ワクチンは希釈後、6時間以内に使用する必要がある。県は施設での接種を優先するよう市町村に要請しているが、入所者の体調不良でワクチンが余る可能性もある。このため、事前作成の接種リストを活用し、余剰ワクチンを有効活用するよう促している。

無断転載・複製を禁じます
1992646 0 社会 2021/04/17 22:21:00 2021/04/17 22:33:41 2021/04/17 22:33:41

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)