読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「生理の貧困」深刻化、困窮の女子学生も?…生理用品を無償提供へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

窓口で指し示すカードを持つ職員(藤沢市役所で)
窓口で指し示すカードを持つ職員(藤沢市役所で)

 神奈川県藤沢市は26日から、新型コロナウイルスの影響で生活が困窮している女性に、生理用品を無償で提供する。経済的な理由で生理用品を購入できない「生理の貧困」が各地で深刻化していることから、四つの大学がある同市も、仕送りが減るなどして生活が苦しい学生らがいるのではないかと考え、支援を決めた。

 防災備蓄品の計1000パック(1パック22~24枚入り)を、本庁舎と分庁舎、湘南台文化センターで配布する。窓口には、市のマスコットキャラクター「ふじキュン☆」と「生理用品をお渡ししています」の文字が書かれたカードを設置。配布を希望していても窓口で「生理用品をください」と言いにくいと感じる人がいることを考慮し、カードを指でさすか、市ホームページ内のカードの画像をスマートフォンで職員に示せば、受け取れるという。

 問い合わせは、市地域医療推進課(0466・21・9993)へ。

無断転載・複製を禁じます
1993383 0 社会 2021/04/18 10:17:00 2021/04/18 10:17:00 2021/04/18 10:17:00 生理用品がほしいときに窓口で指し示すカード https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210417-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)